穂高岳山荘ようこそ、信じられない世界へ。 穂高岳山荘についてお問い合わせ
宿泊のご案内

涸沢フェスティバル2010 について


2010年8月27日(金)〜29日(日)に、山と渓谷社主催の「涸沢フェスティバル2010」が開催されます。

 涸沢フェスティバル公式Webサイト(山と渓谷社)

穂高岳山荘における、涸沢フェスティバル2010のプログラムは以下の通りです。
当日ご宿泊の皆様にお楽しみいただけます。

■ スペシャルメニューの提供(※価格は予定)

  シェフ特製ハヤシライス・・・・・・1200円
  穂高風ロコモコ・・・・・・・・・・1200円
  武田農園の100%りんごジュース・・・350円 

  すべて数量限定のため、売り切れの際はご容赦ください。




■ スペシャルグッズの販売

  涸沢フェスティバル2010限定・缶バッヂ[穂高岳山荘バージョン]・・・400円

  他では絶対に手に入りません。涸沢フェスティバル各会場のみで販売する、限定缶バッヂ。
  数量限定のため、売り切れの際はご容赦ください。


■ クリスタルキャンドルナイト

  実施日時:8月27日(金)、28日(土)各20:15〜20:45
  会場:穂高岳山荘テラス

  
  涸沢ヒュッテ・涸沢小屋・北穂高小屋と同時に、すべての電気を消し、キャンドルを点します。
  氷で出来たシェードによる「クリスタルキャンドル」の灯りと共に、
  他とは趣を異にする稜線の夜をお楽しみください。



■ 安全登山講話

  実施日時:8月28日(土)19:00〜20:00(時間は変更の場合有り)
  スピーカー:磯野剛太氏(日本山岳ガイド協会専務理事)、金田正樹氏(向島リハビリクリニックセンター長)
  テーマ:「安全登山の基本」

  磯野氏、金田氏のお2人に安全登山の基礎知識について解説していただきます。
  なかでも、トムラウシ大量遭難など気象遭難のカギとなる低体温症についての解説が中心となります。

磯野 剛太(いその・ごうた)


社団法人 日本山岳ガイド協会 専務理事。
1954年生まれ。日本山岳会で6度の遠征隊に参加。カンチェンジュンガ中央峰登頂者。2隊は隊長として重責を担う。マネージメントとクライミング双方に秀れた登山家である。スキー・登山など含めた新しい旅を実践。
日本山岳ガイド協会認定ガイド、UIAGM国際山岳ガイド。

 ※写真は日本山岳会医療委員会様のWebサイトより、プロフィールはアトラストレック様のWebサイトより引用させていただきました。

金田 正樹(かねだ・まさき)

1946年、秋田県生まれ。整形外科医として、秋田大学整形外科、関東逓信病院、聖マリアンナ医科大学東横病院を経て、現在、向島リハビリクリニックセンター長。1969年、西部ヒンズークシュ無名峰初登頂、70年、中部ヒンズークシュ無名峰初登頂などの記録を持ち、73年、第2次RCCエベレスト登山隊にドクターとして参加。海外の多くの災害・戦争地域の救援に当たる。NPO災害人道医療支援会理事。山野井夫妻など、数多くの登山家の凍傷治療を行う。著書に『感謝されない医者 ― ある凍傷Dr.のモノローグ』など。

 ※プロフィールは BOOK著者紹介情報より引用[一部編集加筆]させていただきました。


■ 映画上映 『 穂高に生きる 』


  実施日時:8月27日(金)
  穂高岳山荘創始者・今田重太郎時代に撮影された16ミリフィルム映画を上映。





トップページへ